本文へスキップ

最新の3次元曲面印刷技術、水圧転写なら複雑な立体物に印刷出来ます!小ロット試作もOK!

オリジナルデザインでの水圧転写を承ります。

リアルプリント水圧転写システム

カーボン柄、木目柄といった既製品の転写フィルムはグラビア印刷タイプです。当社では数千種類の豊富なデザインをご用意しておりますが、従来のグラビアタイプでは写真データなどお客様からのご入稿データを少量で印刷するということは出来ませんでした。
当社では、新たにインクジェットタイプの水圧転写技術を開発することでイラストレーター、JPGなどのデータから水圧転写フィルムを出力して3次曲面へ転写加工する事が可能です。
加工できるデータ内容には制限がございますので以下のページもご参考下さい。

データについて
料金について

オリジナルデータでの施工イメージ

インクジェットタイプ水圧転写の主な手順
インクジェットプリンターにてフィルムを印刷 定着剤を吹き付け フィルムを水面に浮かべる
1.印刷する。 2.定着剤吹き付け。 3.水面に浮かべる。
プリンターにて水圧転写フィルムを印刷します。CMYKインクですので白色はなく、白部分は転写する素材色となります。※フィルムは透明。 エアガンで定着剤を吹き付けます。 フィルムは溶けていきますのでテープで枠を作り、空気が入らない様に気をつけながら水面に浮かべます。

結合剤を吹き付け スマートフォンケースに転写する 柄が側面まで巻き込む 水洗い
4.結合剤を吹き付け。 5.水圧転写 6.水洗い
フィルムに結合剤を吹き付けます。 転写するものを空気が入らない様に斜めにしながら押し沈めていきます。 水圧転写後はぬめりが残りますので水洗いします。あとは乾かしてトップコートクリアを施せば完成です。


動画でもご覧頂けます!
リアルプリント水圧転写動画






製作例はこちら
ランチボックス犬グッズ



水圧転写ドットコム

運営会社 株式会社インデクト
〒653-0836
兵庫県神戸市長田区神楽町2-3-9ダイドービル4階
TEL 078-646-3630
電話対応時間
平日11:00〜17:00
MAIL
info@indect.co.jp




サイトマップ