本文へスキップ

最新の3次元曲面印刷技術、水圧転写なら複雑な立体物に印刷出来ます!小ロット試作もOK!

水圧転写の加工料金について

水圧転写が可能な条件

方針イメージ水圧転写が可能な素材の3大条件として
1、水に沈めても大丈夫なもの。
2、塗装が出来るもの。
3、塗装を乾燥させる熱に耐えられるもの。(最低でも60℃から70℃程度)
があります。

また、2の「塗装が出来る」条件を補足すると、素材の種類によって塗料が異なりますので素材が何で出来ているかを教えて頂く必要があります。素材とは、「プラスチック」というような総称ではなく、ABS樹脂、PC、PPなど、材質の名称が必要になります。
材質が何か分からないという場合はテストが必要になりますので見積もり料金に影響します。


基本的には塗装が出来ればその上に転写が出来るという事になりますが、ダイレクトで直接水圧転写が可能な素材がABS樹脂です。 オリジナルで製作するリアルプリントの場合、白色インクの無いCMYKで印刷しますので、白色のABS素材があればダイレクトで転写が可能です

ご依頼の流れ

  1. お問い合わせ

    ご依頼の内容 どのような物に転写するのか(形状、材質、状態など)デザインはどのようなデータか。写真などを合わせて詳細にお聞かせ下さい。
  2. お見積り

    材料をお預かりし、ご希望のデータがある場合はデータをご入稿頂きます。デザインは当社が保有する既成柄をご提案させて頂く場合もあります。加工する現物と転写するデザインを 確認してお見積りを致します。
  3. 代金のお支払い

    お見積りの内容で問題がなければ正式な御依頼として承ります。ご依頼が確定した時点で代金をお振り込み頂きます。加工が出来ない場合やお見積りが合わない場合は材料をご返却致 します。※送料はお客様負担となります。
  4. 水圧転写

    ご依頼の内容で加工を致します。
  5. 発送

    完成品を発送、もしくはお引き取り頂きます。

上記の流れはご依頼頂く加工物が問題なく水圧転写が出来ると判断出来る場合のみです。
形状が複雑な場合、転写するのが難しいデザインの場合、素材が不明な場合など、当社にて経験のないものも含めて、何らかのテストが必要と判断されるものについてはまず試作加工の受付が必要になります。 試作が必要な場合はお打ち合わせの上、データ内容や色合い、加工物を沈める際の角度のテスト、素材の耐熱性や塗料の密着性など、必要な項目をテストするためのお見積りをさせて頂きます。 試作の内容によっては材料が複数個必要になる場合もございます。
特に、入稿データからインクジェットで印刷する場合は殆どのケースで事前試作が必要になります。加工物が1つしかなく試作用の材料を用意できない場合はお断りする事も御座いますので予めご了承下さい。



大まかな料金

基本的には加工については上記の流れの様にお見積りが必要です。

その理由は下地処理が必要なもの、転写前に塗装をしなければならないもの、マスキングで保護しないといけないもの、素材がわからずテストが必要なものなどなど、条件が様々な為です。

しかし、実際に依頼する前に大体どれくらいかかるのか。気になりますよね。

基本的にお見積りが必要と言う事は上記のご説明でご理解頂いたと思いますので目安となる料金をフィルム面積でご紹介しますと、A5サイズのフィルム(A4の半分)で転写可能で下地処理などの不要な、ダイレクトで転写が出来るもので5,000円前後、A4サイズのフィルムで転写可能なもので8,000円から10,000円前後を目安とお考え下さい。

試作の場合につきましては複数個を加工してテストする場合や調色作業が必要になる場合など、内容によっては通常の本生産よりもはるかに高額になることも御座います。

量産の場合や継続性のあるご依頼の場合は料金が安くなります。


時々、勘違いをされる事があります。
●必ずしも物が小さいから安いというはありません。
小さくても職人が何人も携わり手作業で行います。かかる時間は小さい程早い訳ではありません。形状が複雑だったり材質が分からなかったりするとテストが必要になり、密着のテストや水圧をかける角度を変えたり、何度も加工を繰り返さなければならない場合が多々あります。 完成品としてはお渡し出来ないテスト用の材料を支給頂かなくてはならない場合もあります。
●テストは無料ではありません。
これも勘違いされる方が居られます。「テストが上手くいったら依頼する」???それはお受けできません。
私達は小ロットからでも試作を行うのが仕事であり、他社では出来ない事でもご相談させて頂きながらご希望の加飾を行えるように努力しております。
テストも無料ではなく私達の仕事であり、やった事のない1度目のご依頼は試作と言う事で料金が高くなるのです。

例えば、量産は中国で行うという企業様でも、仕上がりデザインの確認を小ロットで行いたいという様なご依頼に当社のシステムで1個からでも対応させて頂いております。

当社では1点の試作からでもお受けしております。





よくあるお問い合わせはこちら



水圧転写ドットコム

運営会社 株式会社インデクト
〒653-0836
兵庫県神戸市長田区神楽町2-3-9ダイドービル4階
TEL 078-646-3630
電話対応時間
平日11:00〜17:00
MAIL
info@indect.co.jp




サイトマップ